支払い続けるのは多くの場合は簡単なこと

民事再生という方法はマンション等のローンを含めて複数ある債務に苦しんでいる利用者をターゲットに、住んでいる家を維持したままで経済的に立ち直るために法的機関を通した債務整理の選択肢として平成12年11月にはじまった法律です。

民事再生には、破産宣告のように免責不許可事由がなく、浪費などで債務がふくらんだ場合においてもこの方法は問題ないですし、破産申告が理由で業務禁止になってしまうポストで仕事をされているような方でも制度の活用が検討可能です。

破産の場合は、住宅を手放さないことは考えられませんし特定調停等では、元金は返していく必要がありますので住宅のローンもある一方で支払い続けるのは多くの場合は簡単なことではないでしょう。

民事再生による手続きを取ることができれば住宅のローンを別とした借入金は十分な減らすことができますので余裕がある状態で住宅ローン等を支払いつつ他の借り入れ分を払い続けることができるというわけです。

といっても、民事再生という手段は任意整理や特定調停等と異なってある部分だけの借金だけを除いて処理していくことは不可能ですし、自己破産に適用されるように借り入れ金それそのもの消えてしまうわけではありません。

それ以外の方法に比べてある程度めんどうで時間もかかりますので住宅のためのローンを組んでいて住宅を手放せない状況等以外で破産申告などのそれ以外の債務整理ができない場合だけの限定的な解決方法としておいた方がいいでしょう。

Link

Copyright © 1996 www.missbeercart.com All Rights Reserved.